トップ / 結婚指輪は心を繋ぐもの

結婚指輪は心を繋ぐもの

心を繋ぐ結婚指輪

結婚指輪は愛の形です

結婚するときに男性から女性に送る、結婚指輪にはお互いの愛情が込められていると言われています。古くはローマ時代にそのルーツは遡ると言われており、永遠の絆を象徴しています。また、指輪を左の薬指にはめるのには諸説ありますが、昔から左の薬指と心臓は繋がっているとか薬指には怪我や病気を癒すという言い伝えがある特別な指なのです。この薬指に結婚指輪をはめることで、お互いの心と心を繋ぐという効果があると言われています。

結婚指輪を安く購入するには

結婚式や入籍の際には結婚指輪を購入される方が大半となります。その平均相場は20万前後と言われ、夫婦ペアでの価格となり、30万前後が平均相場となる婚約指輪と比べると、その価格は控えめとなります。それはやはり婚約指輪は給料の三ヶ月分というキャッチフレーズを意識したことから奮発される男性が多い事や、婚約指輪は装飾性が高いものが多いことなどが理由となるでしょう。それに対し結婚指輪はつけ続けることになるため、シンプルなものや、さまざまなファッションとマッチするようにアームのみのものが望ましいことが理由となります。

↑PAGE TOP

© Copyright 結婚のための結納とは. All rights reserved.