トップ / 婚約指輪の習慣について

婚約指輪の習慣について

婚約指輪の習慣って

婚約指輪をもらったら

関東地方などには結婚に際して、男性側から女性側へ「帯料」とよばれる結納金を贈った場合に、女性の側から男性の側へ、その結納金の半額程度を「袴料」として「半返し」するという慣習があるところがあります。婚約指輪に関しても、そのような地域では、同じようなルールが適用されます。女性は指輪をもらったら、ただ喜んでいるだけではなく、半返しとして、その半額程度のものを男性に贈り返さなければならないのです。ちなみに、女性側から男性側へ婚約指輪の半返しとして送られるものには腕時計や洋服などの身に着けられるものが多いそうです。

神前式出来る花嫁の衣装について

主に神社で行う神前式の場合、婚礼衣装にはどのようなものを着るのでしょうか。まず定番の衣装でもっとも格が高い白無垢があります。衣装や小物すべてが白色で統一されており、綿帽子と組み合わせは白無垢の時にのみに許されています。次に白以外の赤や金などの色を用いた色打掛があり、華やかさがあり色も選べるため人気です。そして引き振袖があり、挙式の際には独特の艶やかさを持つ黒引き振袖を着ることが一般的です。また神前式ではどの衣装の場合でも、角隠しを必ずつけることが習わしとなっています。

↑PAGE TOP

© Copyright 結婚のための結納とは. All rights reserved.