トップ

結婚のための結納とは

結婚における結納とは

結婚の結納マナーに関して

結婚を決めたカップルのみなさん、結納をしようと考えていますか?最近はしない方も増えていますが、両家の絆を深めるためにもぜひお勧めします。結婚がきまると、それぞれの実家に挨拶に行きますね。そのあと、両家で顔を合わせるわけですが、その際に、単なる会食ではなく、簡単に儀式をしてみるのはいかがでしょう。費用がかかりそうだし…としり込みする方も多いかもしれません。でも、大丈夫!みなさん婚約したら婚約指輪は買いますよね。そして男性には記念に時計などを買う場合も多いと思います。結納をするには、便利な専用サイトがあるので、そこで簡易セット(1万円前後から)を購入し、メインの品として指輪と記念品を据えればいいのです。初めて顔を合わせる両親にとっても、儀式があったほうがスムーズにコミュニケーションがとれますよ。

多額の費用がかる結納

結納は日本独特の習慣で、婚約した二人の、それぞれの家を結びつけるための儀式です。儀式の形式は地域によって若干異なりますが、結婚する二人のうち、男性側の家が女性側の家に縁起物の品々と帯料(現金)を送り、女性側の家からも、これに返礼する形で袴料(現金)を送る、という形が一般的です。最近では縁起物の中に婚約指輪が含まれている場合も多いです。結納は料亭や結婚式場などで行われることが多いので、その場合は縁起物の費用や帯料、袴料以外にも、場所代や料理代など、金銭的な負担が非常に大きいので、省略してしまう男女も増えてきています。

↑PAGE TOP

© Copyright 結婚のための結納とは. All rights reserved.